愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>問題行動・しつけ>よその犬に吠える
問題行動・しつけ 問題行動・しつけ

よその犬に吠える

【よそのいぬにほえる】

散歩中などに他の犬に過剰に反応して吠えること。

よその犬に吠える場合、大きく「好奇心」と「攻撃性」の2つの理由に分けられます。「好奇心」による場合は、相手に興味があり、遊びに誘うために吠えている状態、「攻撃性」による場合は、相手より優位に立ちたかったり、恐怖を感じていたりして、威嚇や警戒心から吠えている状態(警戒吠え)です。

犬の表情をよく観察して対処する

すれ違いざまに犬が吠えるとお互いに嫌な思いをするので、マナー的にも好ましくない行動です。ずっと吠えさせっぱなしにせずに、反応が初期の段階ですぐに対処します。

愛犬が相手に吠えているときの様子をしっかり観察し、犬の気持ちを理解します。日頃から、飼い主の号令にいつでも従えるように信頼関係を築いておけば、犬が興奮状態で舞い上がっていても、飼い主の声で我に返ることができます。

しっぽを振りながら吠えているときは、相手と遊びたがっているのかもしれません。最初にリードを強く引き、「ツケ」や「おいで」の号令で愛犬を引き寄せて落ち着かせます。しっぽをピンと立てている場合は、相手を威嚇しているので、号令を出して落ち着かせます。

耳を後ろに倒し、体を低くしてしっぽを後ろ足の間に隠している場合は、恐怖心を感じています。他の犬とすれ違うのが苦手な場合は、無理にすれ違おうとせずに、相手の犬の姿が見えた段階で名前を呼び、「おいで」や「ツケ」の号令を出しながらUターンします。

反応が激しい場合はドッグトレーナーなどに相談し、アドバイスを受けましょう。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!