愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>病気>フィラリア症
病気 病気

フィラリア症

【ふぃらりあしょう】

蚊が媒介する犬糸状虫(フィラリア)が、犬の心臓や肺動脈に寄生し心不全などを起こす、犬の代表的な感染症の1つ。

犬糸状虫は、終宿主である犬の体内で成虫となる、回虫と同じ仲間の線虫です。性成熟に達したフィラリアは、雌雄が交接することで、子虫(ミクロフィラリア:体長約0.3mm)を産出し、血流に乗って体内のいたるところに存在します。ミクロフィラリアは中間宿主の蚊が吸血する際に蚊の体内に移動し、約2週間で感染子虫(体長約0.7mm)に成長します。この蚊が他の犬を吸血する際に、感染子虫は犬の体内に侵入し感染します。体内に入った感染子虫は、皮下組織、筋肉などで2〜3カ月間に体長約2cmまで発育してから血管に入り、心臓や肺動脈に寄生します。その後、3〜4カ月間、虫体は発育を続けて成虫(雄で10〜15cm、雌で20〜30cmのそうめん様の虫体)になります。

犬糸状虫に罹患した犬は、発咳し、散歩や運動を嫌い(運動不耐性)、重篤になると腹水が貯留し、慢性経過をたどって死に至る可能性もあります。

フィラリア症はかつては犬の死亡原因の上位にあり、命を脅かす怖い病気でしたが、今では予防薬によって予防できる病気になりました。予防薬の普及で、日本では発症率は激減していますが、感染すれば治療はとても大変なので、確実に予防しましょう。

蚊はどこからやってくるかわからないので、室内飼育でも予防薬を飲ませていたほうが安心です。予防期間については、動物病院で相談してください。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!