愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>病気>椎間板ヘルニア
病気 病気

椎間板ヘルニア

【ついかんばんへるにあ】

腰椎を構成する椎骨の間にある椎間板に強い力が加わったり、老化によって骨が変形したりすることによって、椎間板の内容物(髄核)が飛び出して神経を圧迫し、さまざまな障害を起こす病気。

椎間板ヘルニアは、犬ではとくにダックスフンド、シー・ズー、ビーグルなどに多く見られます。痛みと後半身のまひが典型的な症状で、慢性と急性の2つのタイプがあります。

急性タイプでは突然激しい痛みにおそわれ、犬は大きな声で鳴き叫びます。後ろ足が麻痺して動かない場合は、緊急手術を行って神経を圧迫している内容物を取り除かないと神経がダメになり、後半身麻痺などの神経障害が一生残ることもあります。

後半身麻痺になると後ろ足が動かないだけでなく、排泄も自力でできなくなります。タイミングよく手術できれば回復しますが、24〜48時間以内に行わないと神経障害が残る可能性が高くなります。

日頃から定期的にX線検査などを受けておけば、椎間板の異常の度合いがわかりますので、いざというときの心構えをしておくことができます。椎間板ヘルニアの手術は専門技術が必要となるので、飼い主さんは日頃からホームドクターとよく相談して体制を整えておくとよいでしょう。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!