愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>病気>股関節形成不全
病気 病気

股関節形成不全

【こかんせつけいせいふぜん】

先天的な股関節の骨の発育異常などによって起こる遺伝性の病気。ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、ジャーマン・シェパード、バーニーズ・マウンテンドッグなど大型犬や超大型犬に多い。

股関節形成不全を起こす犬は、生まれつき大腿骨がはまる骨盤のくぼみが浅かったり、大腿骨の頭(骨頭)の丸みが不十分だったりして、うまく咬み合わない状態になっています。大型犬に多いのは、発育期に急速に成長するために骨と筋肉の成長がアンバランスになるからで、これも原因の一つとされています。

症状をコントロールしてQOLを維持する

先天的に異常があっても子犬の頃は目立った症状は見られず、生後6カ月頃から徐々に現れます。

初期症状は、腰を振りながら歩く、後ろ足をそろえて走る(うさぎ跳び)、散歩を嫌がるなどですが、進行すると歩幅が小さくなる、足をひきずる、段差の上り下りができなくなるなどの症状が現れ、痛みを伴って立てなくなったり歩けなくなったりします。

大型犬は体重もあるので、立てずに横になっている時間が長くなれば、褥瘡(床ずれ)ができてさらに苦痛を強いることになります。

軽症ならば、運動制限や体重制限ですむこともありますし、鎮痛剤などで症状をコントロールしながら、生活の質(QOL)を維持することが可能です。

重症の場合は、大腿骨の先端を切るなどの手術をすることもあります。欧米では人工関節に取り替える手術も一般的ですが、日本の犬ではまだあまり普及していません。

悪化を防ぐには関節に大きな負担をかけないことが大切であり、肥満は絶対に避けなければなりません。また、運動も制限し、滑りにくい床材にするなど生活環境にも配慮します。

近年、この病気が遺伝性であることが広く知られるようになり、繁殖も少しずつ自粛されつつあるため、一時に比べれば少しずつ減っているようですが、まだまだ多いことは確かです。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!