愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>病気>認知症
病気 病気

認知症

【にんちしょう】

老化などによって脳が萎縮し、脳神経細胞の働きが衰えることで起こる症状。一般的には13歳を過ぎたころから認知症特有の症状が目立ってくる。柴犬など日本犬系で特に多く見られる。

脳が萎縮すると、感情や運動をコントロールする神経系の機能が低下するためにこれまでできていたことができなくなったり、異常な行動をするようになったりします。

認知症の主な症状

犬の認知症では典型的な症状が現れるので、10歳以上の愛犬に、次のような症状がいくつか見られたら、動物病院で相談してみてください。

□狭いところに入りたがるが、前進ばかりで後退できない。
□同じ場所をグルグル円を描くように旋回する。
□飼い主の顔や自分の名前がわからなくなり、何事にも無反応。
□昼夜が逆転し、昼間は寝ていて夜中に起き出す。
□夜中に単調な大声で鳴き、飼い主が何をしても鳴き止まない。
□トイレの失敗が多くなる。
□たくさん食べるのに、下痢もせずやせてくる。   など

認知症を予防するには

認知症は脳の老化によるところが大きいので、老化を止めたり、完全に予防することはできませんが、普段の生活に工夫をすることで認知症の進行を遅らせることができるかもしれません。

それには愛犬に刺激のある生活を提供することが効果的です。人の場合、家にこもりがちで刺激の少ない生活をしていると認知症になりやすいと言われますが、犬も同様です。愛犬と積極的に遊んだり声をかけたりして、コミュニケーションの機会を作り、心と体に刺激を与えましょう。

散歩は犬にとっては大きな刺激となるので、無理強いすることはありませんが、歳をとって足腰がふらついていても、愛犬が行きたがっているようであれば、気分転換のために少しでも外の空気に触れる時間を作りましょう。

また、認知症予防の効果があるとされる成分が配合されたドッグフードや、サプリメントなども販売されています。

認知症の介護はひとりでがんばりすぎないこと

認知症の症状が現れたら、残念ながら元の通りに治療することはできないので飼い主さんのケアが必要になってきます。

これまで当たり前のようにできていたことがだんだんできなくなる愛犬の姿をみるのは、とても切ないものです。また、認知症の症状の一つ、夜鳴きは多くの飼い主を悩ませます。犬は鳴きやまず寝不足になる上に、ご近所にも気を遣うなど、神経をすり減らしてしまうことも。

他にもいろいろと手のかかることも出てきますが、人の介護でも同様のことが言われるように、介護は一人でがんばりすぎたり、根を詰めすぎたりしないで、心にゆとりをもち、家族など周囲の人とも協力しながら行うことです。

また、動物病院とうまく連携をとることをおすすめします。認知症そのものは完治できないものの、夜鳴きを軽くする薬や認知症の症状のコントロールが期待できるサプリメントなどもあります。また、ときには高齢者のデイサービスのように動物病院に預けて、介護の息抜きをする時間も大切です。

介護のつらさや大変さから、それまで大好きだった愛犬を疎ましく思うようになるのはとても悲しいこと。今までたくさんの幸せを与えてくれた愛犬への恩返しのためにも、認知症を明るくとらえ、前向きに介護に取り組みたいものです。

脳の老化は逆らえない自然の流れです。認知症は、きちんと健康管理をしていたおかげで、ほかの病気にならずに長生きさせてあげられたということの証であり、飼い主の功績は大きいのです。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!