愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>病気>人獣共通感染症(ズーノーシス)
病気 病気

人獣共通感染症(ズーノーシス)

【じんじゅうきょうつうかんせんしょう(ずーのーしす)】

人とそれ以外の脊椎動物の両方に感染または寄生する病原体によって起こる感染症。

WHO(世界保健機構)によるとズーノーシスは世界中に約840種あるとされ、そのうち重要なものは122〜166種で、日本国内で問題になるのは、その半分くらいと言われています。鳥インフルエンザや、BSE(牛海綿状脳症)、狂犬病などもズーノーシスです。

「動物から人にうつる病気」として知られていますが、人のインフルエンザがフェレットに感染したり、結核がサルに感染したりなど、人から動物にうつる病気もあります。

犬からうつるズーノーシスもたくさんあります。主なものは、回虫症/エキノコックス症/瓜実条虫症/パスツレラ症/狂犬病/レプトスピラ症/疥癬/皮膚糸状菌症/Q熱などです。

室内飼育によって人とペットとの物理的な距離が近くなり家族の一員として親密度が増したことや、さまざまな種類のペットが飼われるようになったことで、ズーノーシスへの関心が高まっています。

愛犬とは“恋人”ではなく“友達”としてつきあう

犬からうつる病気があるからといって、むやみにこわがったり構えたりしなくても大丈夫です。ズーノーシスの存在をきちんと受け止め、つき合い方に気を配ればほとんどの病気は感染を防ぐことができます。

また、不適切なつき合い方をして愛犬から病気に感染したら、愛犬が周囲から「悪者扱い」されて、その結果、一緒に暮らせなくなってしまうかもしれません。それはとても悲しいことです。愛犬との楽しい生活を守るためにも、ズーノーシスの正しい知識をもち、愛犬と適切な距離感をもって接することが大切です。

ワクチンなどで予防できるものは予防し、愛犬の生活環境の清潔を心がけ、手を洗うなど衛生面に気を配りましょう。

また、愛犬との濃厚なスキンシップは避けるべきです。キスをしたり、口移しで食べ物を与えたり、同じ食器で食事をしたりするのはもちろん、ベッドを共にすることもおすすめできません。つまり、恋人同士のような親密なつき合いは、ズーノーシスの観点から考えれば危険がいっぱい。愛情をたっぷり注いでも、愛犬とのつき合いは「友達づき合い」くらいがお互いちょうどよい距離感です。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!