お客様相談室

よくあるご質問

Q.高齢犬に成犬用のフードを与えても大丈夫ですか?
A.基本的には問題ありません。老化には個体差があるので、愛犬の健康状態に合わせたフードを与えてください。
高齢犬用フードは、ビタミンB群を強化するなど、高齢期の愛犬への配慮がしてあるので、高齢犬には高齢犬用フードを与えることをお奨めいたします。

小型犬で11歳、中型犬で10歳、大型犬では8歳くらいから徐々に老化がはじまります。犬も高齢になると運動量が減り、老化とともに身体機能も衰えてきます。筋肉が衰え、基礎代謝が低下するのに伴い、必要なエネルギー量も20%ほど低下します。しかし、食欲そのものはあまり衰えないため、維持期と同じ食事を与えていては、カロリーオーバーで肥満の原因となったり、内臓に負担がかかります。また、生活習慣による慢性疾患なども、この頃から現れやすくなります。高齢期を快適に、そして少しでも長く過ごすためにも、健康状態に合わせて食事内容を見直すことが肝心です。
お問い合わせはこちら